iPhoneを水没させてしまったときの応急処置の方法

あなたはiPhone水没させてしまったことがありますか。
酔っ払ってしまってトイレに落としてしまったなんてことや、うっかりポケットに入れたまま洗濯してしまったなんて経験はありませんか。
iPhoneはガラスがむき出しになってしまっていることから、小雨の中で携帯電話を操作していただけで水没症状が出てしまったり、ちょっと湿った濡れた手で触っただけで水没してしまうなんてこともよくあります。
それほど耐水性のないiPhoneにもかかわらず、水没してしまった場合メーカーからの補償を受けることはできません。
多少の水没であれば、使用できる場合がありますが、これは水没していなかったというわけではなく、死活問題ほどに水没指定なかっただけで、一度は行ってしまった水分は出て行くことができないため、時間の経過とともに、中の基盤や部品を傷ませていく結果になります。
そうなってしまうとあとはもう壊れていく一方なため、もし自分のiPhoneを長く使いたいなら、早めの修理を出すことをお勧めします。
そのため、もし水没してしまった際にできる応急処置について紹介します。

電源を切ってSIMカードを抜く

まず水没してしまったら早急に電源を落としましょう。
uktkud
電源が入った状態だとショートしてしまい、全てを失ってしまう可能性があるからです。
そして、SIMカードを取り外して、SIMカードの水分をしっかり拭き取ってくださいね。

iPhoneを乾燥させる

iPhone内部には水没センサーがあり、そこを反応させないために
イヤフォンジャックなどの細かいところの水分をしっかりとっておきましょう。
あなたがもし水没させてしまった場合には応急処置として、上記のことを実践してくださいね。
iPhone修理になってしまう前に丁寧に扱ってください。
あなたはうっかりトイレにiPhoneを落としてしまった、お風呂場に持って行ったときに誤って浴槽に落としてしまったことはありませんか。
もしあなたがiPhoneを水没させてしまったときに行う正しい対応についてご紹介します。

電源をつけてはいけない

落としてしまった拍子に電源が入るかどうか確認したくなる気持ちはわかりますが、水に濡れてしまった状態で電源を入れてしまうとショートして余計に悪い方向へいってしまうため、絶対に電源はつけてはいけません。
気になる気持ちを抑えて正しい対処をしましょう。

ヨドバシカメラの携帯乾燥機へ持っていく

rgera
現在ヨドバシカメラには携帯乾燥機と呼ばれる携帯電話が水没してしまったときに乾燥させるための、ケータイ乾燥機と呼ばれるものが設置してあります。
そちらを使えば、水濡れしてしまった携帯電話も30分で乾燥させることができる優れものです。

救急キットのThirsty Bagを使う

アメリカの会社が開発した、水没させてしまったiPhoneなどを乾燥させるキットを開発しました。
これは現在日本でもすごく人気になっており、水没してしまう前に前もって買っている人もいるようです。
当初は日本で買うことはできませんでしたが、あまりにも人気が出てしまったため、今では日本でも購入が可能となっています。
もし欲しい方がいれば、Thirsty Bagで検索してみるとたくさん出てくるため、その中から購入してくださいね。
あなたがもしiphone水没したら焦らないでください。
焦って行動してしまうと余計に悪化して結果普及出来ないパターンが多いため、しっかり対処すれば復旧はできるので、上記のような方法を実践してみてくださいね。